切り上げ・下げラインを使った逆目線崩壊シナリオのすゝめ。【卒業生EURJPY71pipsトレード】

どうも、モズです。

日本でもだいぶコロナが流行ってきてしまいましたね。。
みなさま大丈夫でしょうか。

ワクチン開発も進んでいるようですが、どうなることやらといった感じですよね^^;

 

さて、今回は少し前の場面での伝承記卒業生さんのトレードを紹介させて頂きたいと思います。

僕も同じ場所でやっていたので、こんな感じで狙っていましたよ~という添削と、卒業生さんのトレードの考え方も含め紹介していきます。

タイトルにもあるように、逆目線シナリオをしっかり予測しておいて、その崩壊から仕掛けていくというのが鉄板ポイントになってきます。

どういった感じに認識を行い、どういうラインが必要になってくるのか。
しっかりと覚えていってもらえたらと思います。

では行ってみましょう。

 

伝承記卒業生トレードEUR/JPY

まずは頂いたメール内容と画像をかいつまんで紹介していきます。

上から日足、四時間足、一時間足、五分足を貼り付けました。
売りを狙いました。

・週足を見た感じ横も斜めも邪魔なラインがなかった感じでした。

・日足上昇トレンドラインもラス押しも明確に抜いた一波が出て完全に下目線で見ました。

・四時間足は戻り高値を強く抜いていく一波が出ていたので四時間足は上目線で見ている人の水平線をオレンジで引いています。

・一時間足日足のピンクのラインでレジスタンスされて、押し目をしっかり抜く一波が親波Fiboの78.6まで出たので押し目と20MAによって来るまで待ちました。

・五分足右肩下がりダブルトップネックライン割れから2Dラインも割ってきて、4時間のオレンジラインで反発して戻りが20MAと一時間で引いた青の切り上げラインに戻ってきて陰線が強く出たところでエントリーしました。
リワードは1.3でした
損切は五分足のダブルトップのちょっと上で、利確は一時間の一波のエネルギーをそのまま取りに行きました。

少し一時間で見た時の戻りが小さかったのでこれでいくかなと思っていたんですが結果的に伸びてくれました

 

トレード解説

 

まず今回のトレードにおいてよかったのは、しっかり日足で1波を見られていたという部分ですよね。

今まで長期で流れてきた上昇トレンドを切り返す波がしっかり発生していて、その戻りからのショートエントリーというのが今回のトレードです。

ここからはメール返信に利用した僕の方のチャート画像を使って解説を加えていきます。

まず下落のN字波動によって1波発生、その後の戻りでこのラス戻りを上抜けられていれば再度上昇に繋がっていたと思います。

ただ今回はそうはならず、3波根元(ラス戻り)を抜けきれずに止められた後というのが今回の場面です。

上画像オレンジ〇付近で揉みだした時に、次のようなことに注意して見ていくようにしてみてください。

今まで日足で見ていたラス戻りの部分で一度止められて、押しを付けて再上昇していく部分に矢印を引いています。

①で書いたようにしっかりと高値更新をしていければ、ラス戻りを抜けて上昇に繋がっていたと思います。

この上昇の流れを見るために、③の部分で書いたような“切り上げライン”を引くわけです。

もしこの切り上げラインを下抜いてくる場合、上昇シナリオ崩壊で次にダブルトップ形成にも繋がってくるわけですね。

今回は切り下がった状態で割ってきたのでダブルトップというよりは、ブレイクで下落トレンド発生になるので一気に底値まで加速していった感じになりました。

この切り上げラインを下抜けたタイミングで短期足に切り替え、リテストを見てからショートエントリーというのが僕がやったトレードになります。

 

1時間足で見てみると、僕がいつもやってる鉄板パターンが良くわかりますよね。

 

1時間足であの形が見えていて環境認識も出来ていれば、切り上げライン下抜けから適当に戻した時点で乗れば問題ない気がします。

 

しっかりセオリー通り攻めるならこんな感じでイメージしてみてください。

伝承記にも書きましたが、1波のトレンドラインを抜ける2波を待って、その2波のトレンドライン抜けからが攻め時です。

今回卒業生さんがエントリーされたのは、エントリー出来る最後の最後のタイミングになっていたと思います。

切り上げラインが引けていなかったので、こうした部分もしっかり詰めていければもっと早期の適切なエントリーポイント探しが出来るようになるはずです。

ナイストレードでしたね(´ー`)

 

まとめ

ということで、今回は日足の1波を作ったN字3波の根元を抜けきれなかった後の5波狙いといったトレード内容でした。

どのサイズ感でもそうですが、重要なN字の根元を抜けきれなかった場合というのはチャンスなことが多いです。

あきチャン風に言えば、3点つけたらレンジです!底まで狙ってきましょう。

もし抜ければ転換1波ですが、抜けなければ次の5波に繋がって行きます。

この5波が再度トレンド継続させればそれが新たな1波といったイメージですね。

どこのどんな意味をもった節目にどんな感じで絡んできているのか、その辺をしっかり注目して分析していけばトレードシナリオも作りやすくなってくるので、今回みたいな美味しい形というのを見逃さないように観察してみてください。

来週は爆動き中の調整期間になるのか、そのまま動き続けるのか非常に楽しみですね^^

ではでは、よい休日を!

来週も頑張りましょう( `ー´)ノ

メルマガ購読で記事の更新をメールでお知らせしています。
プレゼントもあるので、よかったら登録してみてくださいね^^
プレゼントを受け取る

1日1回クリックしてもらえると励みになります!


モズ流FXの全てが学べる完全オリジナル企画開催中!



僕がFXで勝てるようになった手法と戦略を伝承記として公開しています。
ライントレードを基軸としたトレードノウハウと、チャート分析法を余すことなく画像付きで解説。全6巻に渡って課題をこなしつつ、トレードスキルを磨くことが可能です。

→参加者様から頂いた感想はこちら

 

参加申請は下記のフォームから行うことが出来ます。
折り返し、僕から企画参加に関する案内をお送りします。

メールアドレスの記入ミスにご注意ください。
返信したくても出来ません。

※僕がメールを見て順番に返信を行うので、返信までに2~3日かかる場合があります。なるべく早急に返します!
もしいつまで経っても僕からの案内メールが届かなければ、僕からのメールが迷惑メールBOXに入っているか、メールアドレス記入ミスを疑ってください。

その際は、僕のメールアドレスに向けて直接連絡下さい。
(info☆mozusenki.com ☆→@)

お名前 (ニックネームでもOK)(必須)

メールアドレス (必須)

FX経験

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です