理想的なエントリーチャンスはこれだ!ドル円90pipsトレード。

どうも、モズです。

前回のトレード記事あげた後すぐ位にドル円でエントリーしていたものが決済になったので、
そちらも記事にしておこうと思います。

題名にある通りかなり理想的な形があったので、是非次のトレードに活かしてもらえたらなと思います。

僕が乗ったのは違う所からですけどねw

エントリーに繋げるための考え方なども解説していくので、参考にして頂ければと思います。

では、行ってみましょう。

 

前回までの流れ

前回のトレード記事の画像を加工しましたが、こんな感じで右肩あがりのダブルボトムを形成して新たな1波が発生した場面を獲って行ったというのが前回のトレードです。

一度前回高値で止められると思っていたので、丁度そこまでを狙っていったといったトレードでしたね。

このまま高値更新出来るのか、はたまた戻されていくのか、といった感じでしたが、直近の流れはとりあえず上方向なのでロングエントリーのポイントを探すことになります。

 

エントリーポイントの絞り方は?

1波が発生したら次は2波を待ちます。

この2波がどこで止まるだろうか?と考えると、現状ではダブルボトムのネックラインが最有力候補となってきますよね。

こんな感じです。

画像は1時間足になります。

 

ダブルボトムのネックラインに近づいてきたというほかに、エントリーを仕掛けた理由があります。

小さめなスイングで追いかけた場合のN字波動の節目と、4h足レベルの20EMAへの接触です。

3波と5波は繋げて3波と見ても良いと思います。

 

4時間足レベルで見えるダブルボトムのネックラインに、1時間足レベルの3波起点となる節目(サポートライン)と、4時間足レベルの20EMAが支えに来ているという点に注目していました。

また、以前から引いていた大親波のフィボ61.8も丁度そこにあります。

エントリー仕掛けた所に引かれてあるのが見えると思います。

 

また、1波に対しての半値押しにもなっています。

 

ここまでの条件をまとめると・・・

・直近の流れでは高値更新を果たして上昇トレンド継続確定後の押し目であること
・右肩上がりのダブルボトム形成で、重要なネックラインへの押し目であること
・1時間足レベルの3波起点ラインへの押し目であること
・4時間足の20MAへの押しであること
・1波に対して50~61.8の押しであること
・親波61.6への押しであること

とまぁこれだけの条件があるので、短期のトレンド転換を待たずにそのまま乗って行ったという感じです。

損切ラインはこれらの条件を崩してくる場所においてあります。

損切ラインが浅く出来るのも、早期エントリーの良い所ですかね(´ー`)

 

理想的なエントリーポイント!

僕の中で理想的なエントリーポイントというのは、上記の条件が整い、しっかりとトレンド転換をしてきた部分を狙うということになります。

短期のトレンド転換というのがその場面になってくるわけですが、先ほどの条件が有効化されたと判断するために、短期のトレンド転換を見るという感じですね。

僕が乗った部分は、「ただ条件があるだけ」の状態です。

短期足でトレンド転換したというのは、「その条件が発動した」という状態です。

この辺は伝承記でしつこく解説してあるところなので、言ってることがよくわからないって方は見直しておいてくださいね。

 

先ほどエントリーに使った条件があれば、2波の止まる場所=押し目買いゾーンを見つけることが出来ますよね。

その部分に価格が入ってきたら、短期足に切り替えてタイミングを図ります。

 

やることは長期足と一緒ですね。

こうやって短期のトレンド転換を見極めていきます。

もう笑っちゃうくらい綺麗な形です。

 

ここが理想的なエントリーポイントです。

長期の3波発生のポイントで、短期の3波起点で合わせて乗るということですね。

もう、こればっかりやってれば絶対負けこさないと思いますよ。

 

利確ポイントの考え方

利確ポイントについてですが、考え方は色々あります。

まずは親波のまだ到達されてない節目。

その次に、今の流れの1波=3波となる所。

この辺が重なる部分を利確ポイントとして見ていけば安心だと思います。

 

フィボナッチエクスパンションを使うと、赤○で囲った100の部分が1波=3波となる部分になります。

そのすぐ上に親波の次の節目があるので、そのちょっと手前までを狙っています。

 

ということで順調に伸びていき・・・

 

無事に90pipsで終えることが出来ました。

 

何処まで伸びる・・・

そして記事を書いてる現在はこんな感じになってます。

利確を置いていた場所が直近のチャネル上限にもなっていたのですが、そこも見事にぶち抜いて更に上の節目まで到達してきました。

 

親波としてこんな感じでフィボを当てているのですが、もうすぐ78.6に到達してくるかなって感じです。

このまま親波を征服してくるのか、戻されていくのか。

いずれにせよ、次の形が整うまではトレード出来そうにありませんねw

 

では、今週後半戦頑張って行きましょう。

最後までありがとうございました。

 

メルマガ購読で記事の更新をメールでお知らせしています。
プレゼントもあるので、よかったら登録してみてくださいね^^
プレゼントを受け取る

モズ流FXの全てが学べる完全オリジナル企画開催中!


僕がFXで勝てるようになった手法と戦略を伝承記として公開しています。
ライントレードを基軸としたトレードノウハウと、チャート分析法を余すことなく画像付きで解説。全6巻に渡って課題をこなしつつ、トレードスキルを磨くことが可能です。

→参加者様から頂いた感想はこちら

 

参加申請は下記のフォームから行うことが出来ます。
折り返し、僕から企画参加に関する案内をお送りします。

メールアドレスの記入ミスにご注意ください。
返信したくても出来ません。

※僕がメールを見て順番に返信を行うので、返信までに2~3日かかる場合があります。なるべく早急に返します!
もしいつまで経っても僕からの案内メールが届かなければ、僕からのメールが迷惑メールBOXに入っているか、メールアドレス記入ミスを疑ってください。

その際は、僕のメールアドレスに向けて直接連絡下さい。
(info☆mozusenki.com ☆→@)





お名前 (ニックネームでもOK)(必須)

メールアドレス (必須)

FX経験

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です