FX鉄板エントリーで42pipsをノンストレスで抜く!5月15日のEURGBPでロングエントリー

おはようございます。
今週は月曜日から美味しい場面に遭遇出来たので共有しておこうと思います。

先週から分かりやすい動きを見せていたEURGBPでのロングエントリー。
僕の中では結構鉄板な場所でエントリーして、ノンストレスで目標まで取って行くことができましたよ(^^)

5

EURGBPに関しては前回のこちらの記事でも美味しく頂いたんですが、
EURGBPが大きく動いた!基本に忠実なトレードで46pipsゲット!

この上昇トレンドの波に乗って更に押し目買いを仕掛けたというわけです。

前回の記事の時からそうだったのですが、日足的に見るとチャネル下限から上限へと目指しているのかな?という流れで見ていました。

8

大きく空いた窓もちゃんと埋めに行って、そこから大きく上昇していくのではないか!?というシナリオを立てていました。

大きな流れ的には上方向で、更に中期的に見ても上への流れが出ているのであれば、押し目買いをしていくしか無いでしょう!という判断だったわけです。

では実際にどういった流れでエントリーを行ったのか。
エントリー直後の画像をどうぞ!

クリックで拡大できます。

2

今回エントリーしたのは、1時間足レベルで引ける上昇トレンドラインと、左の波の目立つ戻り高値である緑のラインとの交差点でプライスアクションを確認してからでした。

黄色のトレンドラインはちゃんと「高値更新を決めた麓の安値」を結んでやりましょう。
チャネルも引いてちゃんと反応を示せば、そのラインは合っているんだと思います。

今回で言えば、チャネル上限で跳ね返ってきた場面をまた拾ったという感じになりましたね。

上昇トレンドを取る時は、左に見える下落トレンドの節目から節目までを抜いていく!
僕のライントレードの基本です。

その中でも今回のエントリーポイントでは、節目に引いた重要ラインとトレンドライン(斜線)の交差点で反応を見せるという鉄板のエントリーサインが出たものになりました。

ちなみに4時間足でフィボを引いてみるとこんな感じ。
2

きれいな200点トレードに仕上がってますね。
ここから更にトレンドをつけて上昇していくのであれば、日足のチャネル上限まで狙ってみたい所です。

「エントリーポイントを水平線と斜線の交わる所で見つけてみる」というのは鉄板なエントリーポイントになったりするので、是非見つけてみてくださいね。

ではでは。

メルマガ購読で記事の更新をメールでお知らせしています。
プレゼントもあるので、よかったら登録してみてくださいね^^
プレゼントを受け取る

モズ流FXの全てが学べる完全オリジナル企画開催中!


僕がFXで勝てるようになった手法と戦略を伝承記として公開しています。
ライントレードを基軸としたトレードノウハウと、チャート分析法を余すことなく画像付きで解説。全6巻に渡って課題をこなしつつ、トレードスキルを磨くことが可能です。

→参加者様から頂いた感想はこちら

 

参加申請は下記のフォームから行うことが出来ます。
折り返し、僕から企画参加に関する案内をお送りします。

メールアドレスの記入ミスにご注意ください。
返信したくても出来ません。

※僕がメールを見て順番に返信を行うので、返信までに2~3日かかる場合があります。なるべく早急に返します!
もしいつまで経っても僕からの案内メールが届かなければ、僕からのメールが迷惑メールBOXに入っているか、メールアドレス記入ミスを疑ってください。

その際は、僕のメールアドレスに向けて直接連絡下さい。
(info☆mozusenki.com ☆→@)





お名前 (ニックネームでもOK)(必須)

メールアドレス (必須)

FX経験

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です