ハーモニックパターン検出からの高勝率エントリーパターンを見極めよう!

どうも、モズです。

先日紹介させて頂いただいすけさんのハーモニックパターン検出インジケーターですが、ご購入して頂いた方々ありがとうございました。

僕からの特典含め、普段のトレードに役立てて頂ければと思います。

別にツールに頼らずとも自分で探し出せればそれに越したことは無いんですが、いかんせん正確なハーモニックを探し出すのは難しいですからね。

いちいちフィボナッチあてていって数値を調べて~とかやってらんないです、僕はw

 

ただ、ハーモニックパターンからのエントリーというのは基本的には逆張りエントリーになります。

当然騙しも多いです。

なので今回は、僕が普段やってるハーモニックを組み合わせた環境認識、そしてエントリーまでのプロセス、そして普段やってる本トレードへの繋ぎ方という点で解説していきたいと思います。

1週間分の認識をまとめたので少し長いですが、復習がてらご自分のチャートと照らし合わせながら見ていってもらえると参考になるかと思います。

「ハーモニックから普段やってる本トレード(トレンドフォロー)への繋ぎ方」という考え方も参考になるかと思うので、是非最後までご覧頂ければと思います。

では、行ってみましょう。

 

ハーモニックから始まる一週間の初め(EUR/JPY)

今回見ていった通貨ペアはEUR/JPYです。

ツールを買ってレビューを書けば販売者さんから貰える複数通貨ペア監視ツールが貰えるんですが、それを見て、直近でハーモニックパターンが発生しているものから見ていくと簡単です。

↑画像は記事を書いてる現在のものですが、日足や4時間足で直近のものを探してみてください。

そこから形が良さそうなものとして、今回はEURJPYで見ていくことになりました。

 

4時間足ではガートレーパターン。

 

1時間足ではディープクラブが。

基準としている4時間足でガートレーパターンが出ていて、1時間足ではディープクラブが出ていて、それぞれショートのパターンとして重複しているといった状態になっていました。

 

1時間足の画像を見て貰えるとわかりますが、それまでにたくさんパターンが検出されていますよね。

ハーモニックパターンは逆張りエントリーになるわけですが、ツールで表示されたから何も考えずにエントリーが出来るというものでは無いんですね。

必ず、他の要素との組み合わせでエントリーを考えていく必要があるわけです。

それは僕が特典で付けているオシレーターを使った考え方であったり、普段やってる裁量ライントレードの考え方だったりです。

今回は、普段やってる裁量ライントレード判断との組み合わせを紹介します。

 

ということで、まずは何故今回EURJPYで行けると思ったのかを解説していきます。

これは環境認識の裁量スキルが大事になってくる部分なので、参考にされてください。

 

大前提となる環境認識をしっかりしよう

僕は4時間足基準でいつもやっていますが、環境認識をする時は日足もしっかりと見ていきましょう。

その時に注意して見るのは、今何波なのか?今の波は何がどうなって発生しているのか?という点です。

 

ということで日足を見てみましょう。

重要なラインを抜けていった1波は何処なのか?

今の波は何がどうなって生まれているのか?という視点で見て見ましょう。

 

まずは、一番大きな1波は何処なのか?というのを探してみます。

このサイズ感で見た場合、正確に言えば1波では無い(3-1波)ですが、次の3波を狙うための波ということで1波と書いています。

直近の中での基準となる1波です。

高値更新をしたかと言えば微妙なラインではありますが、とりあえず抜けているので1波として見ることが出来るのではないでしょうか。

 

そして1波の後には2波があるわけで、その2波が何に反応して跳ね返って来たかを見てください。

左に見えている親波の3波根元のサポートラインに反応してからの上昇です。

僕が普段やってるエントリーパターンの形そのものですよね?

 

ちなみにこの中にもハーモニックがあります。

先日もやったシャークパターンです。

シャークパターンからのいつもの型への派生が見えるよって話をしましたよね。

ここでもそれが使えました。

 

シャークパターンからのいつもの型があって、そして3-1波が出た!というのが現在の状況になります。

 

この日足で見えている2波~3-1波の部分に、4時間足で見ていたガートレー、1時間足のディープクラブが入っていると言った状態なのです。

 

つまり、現在は日足レベルの3-1波が出て上昇している所であり、日足レベルの3-2波が出るためのパターンがハーモニックパターンとして出ているといった状態なわけです。

 

更に、普通に4時間足でも観察していきます。

トレンドラインと2Dラインくらいは引いておきましょう。

 

そして今現在出ている波の親波は何処なのか?そしてその親波の3波根元はどこなのか?というのも見ておきます。

こうして見て見ると、親波をほぼほぼ征服し、日足レベルのボリンジャーバンド2σおよび親波3波根元2Dラインに当たって長い上髭を出し、少し落ちてきているといった状態なのがわかってきます。

一旦はここから押しの動きが入るのではないか?という予想が立てられますよね。

そしてハーモニックが見えていれば、こうした普段やってる認識に加えた根拠が用意できるというわけです。

 

ここで間違ってはいけないのは、目線はどっちなのか?ということ。

今回の場面で言えば完全に上です。

日足で基準となる1波を見ているので、これから先に狙っていくのは上昇3波目なわけです。

そして3-1波が既に出ているという見方をしているので、目線は上です。

その上で、3-2波の押しを狙おうよってのが今回のエントリーになります。

 

画像内で1波と書いた部分が、日足レベルで言えば3-1波の部分です。

この波の3波根元を探しておきましょう。

最初のトレンドを付けたN字を1波として、その後が2波、そして3波として見ました。

この3波根元が下抜かれるまでは、目線は上です。

 

1波が出たのであれば、その1波の中に含まれる3波根元を探しておいて、それを抜かれるまでは目線は1波の方向!という意識を持っておくと良いと思います。

 

ハーモニックパターンが出たら探すべき型

ということで、環境認識によって目線は上であるということと、これから押しの動きが出てくるかもしれないといったことがわかりましたね。

ここから実際にショートエントリーに繋げていくわけですが、ここからはいつものやり方です。

いつもの型を探しましょう。

 

そして遅くなりましたが何故EURJPYに決めたのか、という理由なんですが、1時間足でその型が出ていたからです。

いつもの型の中で3尊を形成しているパターンですね。

 

3尊を作って、トレンドラインに反応する形で3尊ネックラインにリテストを取りに来ている状態です。

このままトレンドラインに支えられて上昇するのか、3尊ネックラインリテストが発動するのか、というのを観察します。

 

15分足のこの場面でも、どこが1波なのか、そして1波の中の3波根元を探しておきましょう。

 

ロングで仕込むのであれば、こういう形が必要になってきます。

そうはならずにトレンドラインを割って来たのであれば、3尊発動で3-2波の押しが入ってくるぞ!って感じで見ていきます。

 

ということで、トレンドラインを割って来たのでエントリーを仕掛けます。

3-2波の押しを狙う動きになるので、欲張らず、当初見ていた最初の押し目買いライン上に指しておきました。

 

ということで32pips獲得です。

見ていた場所でしっかり反応していますよね。

結果的にもっと深く押しが入るわけですが、ここから更にどう見ていったのかも紹介します。

 

ハーモニックパターンからトレンドフォローへ繋げよう

今出ている下げの動きは3-2波である、という見方をしているので、当然転換部分から3-3波を狙っていきたいわけですよね。

最後に転換部分から仕込んでロングを入れて獲っていますが、それまでにどう騙しを回避してきたのかも全部書きますので参考にしてください。

 

そもそもの話ですが、2波がどこまで伸びて転回していくのか?というのは、予想は出来ますがはっきりとはわからない話なのです。

わからないなりにも、「予測」はしておく必要はあります。

そして2波が2波でなくなるタイミングというのも見ておく必要があります。

2波が2波でなくなるタイミングというのは、先ほどから書いているように1波中の3波根元を抜かれるということです。

こういう感じなので、1波中の3波根元を抜かれるまでに、どういった押し目買いポイントがあるか?というのを探しておく必要があるわけです。

 

今回の場面で言えばこんな感じ。

とりあえずは、先ほど書いた「これが抜かれるとひっくり返る節目(3波根元)」よりも上にある重要そうな節目こそが「押し目買いポイント」になってきます。

こうしたポイント付近で、普段やってる「型」が出てきて初めてロングエントリーに繋げられるわけです。

 

では先ほどの利確した画像の場面に戻りますが、この画像の時点でトレンドラインを上抜いてきていますよね。

一つ目の押し目買いポイントに反応して、トレンドラインを上抜く1波が出ています。

当然、ロングエントリーの準備をしておく必要が出てきます。

 

「型」を見てやるのであれば、こういったシナリオが必要になります。

しっかりとラス戻りを上抜けてからの押しを待ってのエントリーです。

 

ただ、ここで15分足に切り替えるともっと小さなラス戻りも見えてしまいます。

15分足で見てしまうと、ラス戻りとトレンドラインを上抜く波が見えてしまいますよね。

そういう時は、しっかりと切り下げラインを引いて待ってください。

ちょっと長くなるので切り下げラインについての詳しい解説は他記事見てくださいって感じですが、これをしっかり引いて待っていれば、こうした場面に引っかからなくなります。

このまま切り下げラインを上抜けてくれば、ロングエントリーをしようと待ち構えていた所です。

 

切り下げラインを抜けきれず落ちていきました。

次の押し目買いポイントまで下げるんだなってのが見えてきますね。

 

短期足で切り上げ、下げラインを引いて待つというのも良いですが、基本的には、ラス戻りを上抜ける波がしっかり出るのを待つのが良いのです。

こうしたパターンまで待ちましょうねって話です。

 

ということで、待ちました。

一瞬ラス戻りを抜いてくるのですが、髭で戻されてしまいました。

 

更に安値を切り下げました。

 

ここまで待ってようやくチャンスがきました。

上昇トレンドライン付近まで近づいて、ラインは引いてませんが押し目買いポイントであったダブルボトムネックラインに反応する形でダブルボトムが登場し、そして小波のトレンドラインを抜いてきました。

 

押し目買いポイントとしてはもう深い所まで来ているので、このダブルボトム&トレンドライン上抜けから仕掛けていきました。

 

損切はダブルボトム右ポジションで作っているN字3波根元の下に置きました。

大体15pipsくらいの損切幅でしたが、結果的にギリギリセーフといった感じでしたw

 

エントリーが金曜日になってしまったので、様子見しつつといった感じでとりあえずフィボ38.2まで指しています。

 

見ていなかったのですがギリギリ損切にはかからず伸びてきました。

 

親波が綺麗に節目を作っているので一旦押しを付けるだろうと思い、2段階に分けて乗ろうと思っていたのですが、予想以上に一気に伸びていってしまいました。

 

金曜日終盤にかけて延々上昇していってしまいましたね。

まぁ欲張らずに確実に獲れそうな所だけを抜いていくとなるとこんなもんなのかもしれません。

3-3波であるということを考えればそのまま週マタギ覚悟で放置でもよかったのかもですね(´ー`)

まぁその辺の判断は人それぞれということで、利確出来たことを良しとするのが精神的に大事です。

 

まとめ

1週間分の認識をまとめたので少し長くなってしまいましたが、お疲れ様でございました。

ハーモニックからの逆張りトレードに始まり、普段の3波を狙うトレンドフォローに繋げるといったトレードを紹介しました。

今週はこれをやろうと思って画像を撮っていたので、獲得pipsはしょぼかったですが紹介出来てよかったです。

 

最後のトレンド転換の部分は難しかったかもしれませんが、しっかりラス戻り(今回はWボトムネックライン)を抜けきって、その後の調整に向けて切り下げラインを引いて、抜けたら飛び乗りといった感じのエントリーでもよかったかと思います。

 

どんなツールを使うにしても、やはり自分の中で環境認識がしっかり出来てこそ使えるツールになるものだと思うので、個人スキルもしっかり養いつつ活用できるようになると良いと思います。

今回やったように、2波の発生ポイントをハーモニックで察知して、3波を抜く準備をしていくという使い方は非常に有用なので、いつもチャートに張り付いていられないよって方は活用されてみてはいかがでしょうか。

ツールに関してはこちらのページで僕からの特典紹介もしているので、そちらも参考にされてください。

 

ということで今回はこの辺で。

来週も良いトレードを!

ではでは。

メルマガ購読で記事の更新をメールでお知らせしています。
プレゼントもあるので、よかったら登録してみてくださいね^^
プレゼントを受け取る

1日1回クリックしてもらえると励みになります!


モズ流FXの全てが学べる完全オリジナル企画開催中!



僕がFXで勝てるようになった手法と戦略を伝承記として公開しています。
ライントレードを基軸としたトレードノウハウと、チャート分析法を余すことなく画像付きで解説。全6巻に渡って課題をこなしつつ、トレードスキルを磨くことが可能です。

→参加者様から頂いた感想はこちら

 

参加申請は下記のフォームから行うことが出来ます。
折り返し、僕から企画参加に関する案内をお送りします。

メールアドレスの記入ミスにご注意ください。
返信したくても出来ません。

※僕がメールを見て順番に返信を行うので、返信までに2~3日かかる場合があります。なるべく早急に返します!
もしいつまで経っても僕からの案内メールが届かなければ、僕からのメールが迷惑メールBOXに入っているか、メールアドレス記入ミスを疑ってください。

その際は、僕のメールアドレスに向けて直接連絡下さい。
(info☆mozusenki.com ☆→@)

お名前 (ニックネームでもOK)(必須)

メールアドレス (必須)

FX経験

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です