【ハーモニック】ガートレーパターンの解説とPRZの求め方

このページでガートレーパターンについて解説していきます。

数値だけわかっていても意味は無いので、今までの基礎ページはよく見ておいてくださいね。
FX攻略記事まとめ

ガートレー

買いはこの反対です。

ガートレーパターンの特徴としては、Bの地点がよく使われる61.8%の地点であるという点です。
後に解説しますが、フィボナッチ数値は次の数値に達するまではその数値を使うので、65であっても72とかでも61.8%とみなします。

XA波に対する61.8%戻しで落ちていくというのはよくあるパターンなので、比較的見つけやすいパターンかもしれません。

C地点は実質Aを超えなければ成り立つので、ダブルボトムのような形になって切り返す・・・という流れが想像出来ると思います。

その辺はちょっと実戦形式で最後にやってみますが、まずは成立条件から見ていきましょう。

ガートレーパターン成立条件

1.B地点はXAからの61.8%戻しである
2.C地点地点はAを超えない(AB波における0.382~0.886の範囲)
3.CD波は、BCエクステンションにおける1.13~1.618の範囲である
4.Dの地点はXを超えない(XA波における0.786戻し)

「フィボナッチを見る際の共通事項」
フィボナッチの数字は一番近い数値を基準とし、次の値にヒットするまではその前の数値と判断する。
多少ズレていてもOK。フィボナッチの黄金比率に近い数値ほど信頼性UPと考える。
例:C地点が0.92で反応していたとしても、100に達してないので88.6として見る。

ガートレーパターンにおけるPRZの求め方

①XAの0.786戻しの地点
②BCエクステンションを見て①に一番近い点
③ABCDパターンを見て①に一番近い点

これら3つをカバー出来るゾーンがPRZになります。

ガートレーパターンを見つけてみる

 

1

今回はここで行きましょう。
ガートレーの見つけ方のコツは、B地点が61.8であるという所を見るという点です。

そしてPRZの求め方の項目で解説した流れでゾーンを絞ります。
ハーモニックパターンにおけるPRZ(反転ポイント)の絞り込み方

今回は一つの項目が完全に一致だったので、ゾーンが2つのラインで絞れました。

2

レンジでも使えるハーモニックパターン。
画像は4時間足なのですが、PRZから、前回高値付近までで約100pips以上あります。

PRZとなったゾーンは、その後も何回か反応を示します。
どれだけ欧州の人に見られているゾーンなのかってことですよね^^;

 

メルマガ購読で記事の更新をメールでお知らせしています。
プレゼントもあるので、よかったら登録してみてくださいね^^
プレゼントを受け取る

モズ流FXの全てが学べる完全オリジナル企画開催中!


僕がFXで勝てるようになった手法と戦略を伝承記として公開しています。
ライントレードを基軸としたトレードノウハウと、チャート分析法を余すことなく画像付きで解説。全6巻に渡って課題をこなしつつ、トレードスキルを磨くことが可能です。

→参加者様から頂いた感想はこちら

 

参加申請は下記のフォームから行うことが出来ます。
折り返し、僕から企画参加に関する案内をお送りします。

メールアドレスの記入ミスにご注意ください。
返信したくても出来ません。

※僕がメールを見て順番に返信を行うので、返信までに2~3日かかる場合があります。なるべく早急に返します!
もしいつまで経っても僕からの案内メールが届かなければ、僕からのメールが迷惑メールBOXに入っているか、メールアドレス記入ミスを疑ってください。

その際は、僕のメールアドレスに向けて直接連絡下さい。
(info☆mozusenki.com ☆→@)





お名前 (ニックネームでもOK)(必須)

メールアドレス (必須)

FX経験

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です