【FX戦記】レジサポラインの引き方、見極め方!教科書通りなライントレードに?

最近のトレード備忘録です。

まずは画像から。

1

USD/CAD 4時間足

直近のドルカナダの4時間足になります。

 

現在のドルカナダは日足で見るとレンジになってるんですが、
その中で短期時間に切り替えてトレンドを拾っていく感じがいいんでしょうね。

4時間ベースのダウントレンドが終わって上昇トレンドに切り替わったタイミングで上手いこと押し目を拾うことが出来ました!

 

まずやるべきことは、
左の親波にあたるダウントレンドからサポート・レジスタンスラインを探して引いてみること!

とりあえず、こちらのあきチャン大先生の動画をまだ見てない人は見て欲しいです。

 

親波からラインを引っ張っておいてから、
子波のトレンドを押し・戻りを見極めて拾っていくということがちょっとわかると思います。

 

今回のトレードでは、左のダウントレンド開始前にも何回もサポートされているサポートラインを使いました。

まず上昇の勢いが付いてきて、
このライン(過去のサポート、今のレジスタンス)を抜いたら上昇だな!ってとこで、
良い感じにぶち抜いてきたのでそこから注意して見るようにしていました。

 

そして1時間足に切り替えるとこんな良い感じでサポートされてたわけです。

2
なんか良い感じに抵抗にあってる気がしました。

そしてあきチャン先生流でやると、
ここから切り下げラインを引いて抜けるのをまちます。

本当はサポートに触れた時点でエントリーすると損切りが数Pipsで収まるんでよくやるんですが、
そんなずっと監視してられませんので、タイミングを逃しました。

 

2

 

切り下げラインはこんな感じで引けますね。

20EMA(緑実線)と20SMA(緑破線)はデッドクロス状態なんですが、とりあえず無視しました。
もうちょっと先になるとゴールデンクロスしてるんで、
そこから乗ると確実!って感じですね。でも損切りが深くなるんでちょっと怖いんですよねw

 

そんなこんなで、決済ポイントは親波の戻り目になったレジスタンスに指し値で指しておいたんですが、結局上までいっちゃったんですよね。

しかもまた見事に押し目になってるし・・・

ちゃんとチャート見てなくて見逃しました。もったいない・・・

 

ということで、
長期時間足の重要ポイントにラインを引いておけば、反転したトレンド波(子波)で使うことが出来ますよ!という話でした。

重要ポイントになる目安は、抵抗、支持に会っているポイントはもちろんですが、
ダブルトップやダブルボトムのネックラインも結構反応していますよね。

今回も、左のわかりやすいダブルトップのネックラインまで来ていましたし。
まじでここまで指しておくべきでしたね。

そしてフィボナッチも親波に引いていますが、引き方が悪いのかあまり機能してない感じでした。

日足ではレンジなので、そろそろ切り返してもおかしくないし、ダブルトップの上まで行くかもしれません。

でも親波フィボナッチの78.6から100までの間に入っているので、トレードは辞めておこうと思います。

「頭と尻尾はくれてやれ!」byあきちゃん先生 です。

 

そんな感じで、上手なトレードが出来るように頑張ります。

 

メルマガ購読で記事の更新をメールでお知らせしています。
プレゼントもあるので、よかったら登録してみてくださいね^^
プレゼントを受け取る

モズ流FXの全てが学べる完全オリジナル企画開催中!


僕がFXで勝てるようになった手法と戦略を伝承記として公開しています。
ライントレードを基軸としたトレードノウハウと、チャート分析法を余すことなく画像付きで解説。全6巻に渡って課題をこなしつつ、トレードスキルを磨くことが可能です。

→参加者様から頂いた感想はこちら

 

参加申請は下記のフォームから行うことが出来ます。
折り返し、僕から企画参加に関する案内をお送りします。

メールアドレスの記入ミスにご注意ください。
返信したくても出来ません。

※僕がメールを見て順番に返信を行うので、返信までに2~3日かかる場合があります。なるべく早急に返します!
もしいつまで経っても僕からの案内メールが届かなければ、僕からのメールが迷惑メールBOXに入っているか、メールアドレス記入ミスを疑ってください。

その際は、僕のメールアドレスに向けて直接連絡下さい。
(info☆mozusenki.com ☆→@)





お名前 (ニックネームでもOK)(必須)

メールアドレス (必須)

FX経験

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です