EURUSD一撃150pipsトレード。チャートのパターンは反復する!?大きく動く場面を見極める。

どうも、モズです。

今週も終わってしまいますね。

というか今月も終わりますね・・・
トレードはどうだったでしょうか?
僕はとりあえず1週間の目標は達成できた感じです。

伝承記参加者さんの課題添削とかで結構時間を持っていかれますが、
早く稼げるようになってもらいたいので僕も頑張って回答してます。

伝承記で色々と吸収してもらって、僕のトレードノート等を読んで更に理解を深めるといった感じで参考にしてもらえたら嬉しいです^^

 

ということで、今回はEURUSDで150pips獲れたトレードがあるので紹介しておきます。

チャートパターンというか、考え方としてはウォルフのような、「相場はバランスを保つ」という性質を見てトレードをしたものになります。

エントリータイミングや環境認識など、やるべきことは変わりないんですが、どこの山から大きく抜けていくか?というのを過去の形から見て予想しておくと、いざその場面が来た時に思い切って乗っていけるようになると思います。

ということで、エントリー直後からになってしまってますが、トレードしていた時のトレードノートをどうぞ。

トレードノート

01

以前から引いていたチャネル上限に3回目の接触で陰線。

18時台の足の間で指標発表があって切り上げラインを終値で下抜き。

一瞬の戻りを狙ってショートエントリーしました。

 

1時間足の状況はこんな感じ。

02

EURUSDはここ最近ずっとショートを狙っていたので、やっと乗れた感じです。

 

04

1時間足らずでこの伸びです^^;

伸びる時はほんとに大きく伸びるので、見逃すと辛いものがありますね・・・

 

下落目線に切り替えたタイミングについて

 

05

目線についてですが、この3尊からの下落を見て、しばらく揉んだ後にショート狙えるかなってシナリオを立てていました。

斜めに引いた3尊ネックラインと水平線辺りまで上昇するのを待って、そこから下落が始まるタイミングを測っていました。

 

05

 

赤○の部分でネックラインへのリテストを果たし、下落の流れが出た時点で一度ショートエントリーを仕掛けていました。

その時は直近安値までしか伸びずに20pipsだけ獲れたトレードになってたんですよね。

その後ダブルボトムで再度上昇してトレンドラインに引っかかり、再度下落。

この時に再び安値で引っかかって再上昇。

 

ここでチャートの形を予期します。

前述した通り、チャートのパターンは反復してバランスを取るというものですね。

 

 

05

イメージとしてはこんな感じ。

最後の3点目によって今まで蓄えられた力が解放される感じでしょうか。

なので、チャネル上限3点目に近づいてきた段階からずっと注意して見ていたというわけです。

3点目で陰線確定した時点で乗ってやろうかとも思いましたが、指標発表があるなと思って自重しましたw

 

狙うはチャネル下限と親波節目の交差点付近。

600MAが下から登ってきているので、状況を見ながら利確したいと思います。

 

そして翌日・・・

 

21

午前9時前にしてほとんど目標付近まで来ています。

 

22

もうすぐ10時で4時間足が確定するので、確定したら利確しようと思います。

もうちょっと伸びる余地はありますが、欲張っていいことは無いのでここで終わります。

 

23

足が変わりました。

600MAもしっかりと下抜けて確定しましたね。

まだ下落の余地はありそうですが・・・

24

同じタイミングで他の通貨ペアもラインに接触してきているので、
反発するか抜けるかわからないので切りました。

久々に大きく獲れて150pipsで終了となりました( `ー´)ノ

 

5分足で見てみると・・・

 

こうした大きく流れが出ている場面だと、スキャルピングなどで細かく狙っていけますよね。

5分足などにしてみると、20MAに近づいてきたら売り、なんて単純ロジックでも勝てちゃうわけです。

1

メルマガで配ってるスキャル手法なども参考にしてもらいたいですが、
基本的にはスキャルであっても大きな流れの中で細かく抜くというだけで、狙える期間というのはある程度決まっているんですよね。

スキャルだからエントリータイミングが多い!では無くて、
大きな流れを見極めてその中でコツコツ抜くのが僕なりのスキャルです。

小さな流れの中でも形が整えば仕掛けられるのがスキャルの良いところでもありますが、
それでも大前提として、ある程度環境認識が出来ていないと負けを積み重ねるだけになってしまいますからね^^;

僕も昔はスキャル大好きでしたが、最近はご覧のようにじーーーっくり待ってからのデイトレです。

流れが無い時は1時間足の短期の流れに乗ってスキャルとかやってたりしますが、
いかんせん海外口座だとスプレッドの問題もあってそこまで美味しくありませんね(;・∀・)

 

デイトレ・スキャルでよく「乗った瞬間逆行します」という悩みを貰うのですが、
「こうなったからこの辺りまでは最低限進むだろう」という大きな流れが見極められていないと、乗る方向を間違えてしまいます。

そうした相場観を見極められるようになるために、伝承記や僕のブログ含めて活用してもらえたらと思いますよ^^

 

ではでは今回はこの辺で。

来週も良いトレードを。

 

 

メルマガ購読で記事の更新をメールでお知らせしています。
プレゼントもあるので、よかったら登録してみてくださいね^^
プレゼントを受け取る

モズ流FXの全てが学べる完全オリジナル企画開催中!


僕がFXで勝てるようになった手法と戦略を伝承記として公開しています。
ライントレードを基軸としたトレードノウハウと、チャート分析法を余すことなく画像付きで解説。全6巻に渡って課題をこなしつつ、トレードスキルを磨くことが可能です。

→参加者様から頂いた感想はこちら

 

参加申請は下記のフォームから行うことが出来ます。
折り返し、僕から企画参加に関する案内をお送りします。

メールアドレスの記入ミスにご注意ください。
返信したくても出来ません。

※僕がメールを見て順番に返信を行うので、返信までに2~3日かかる場合があります。なるべく早急に返します!
もしいつまで経っても僕からの案内メールが届かなければ、僕からのメールが迷惑メールBOXに入っているか、メールアドレス記入ミスを疑ってください。

その際は、僕のメールアドレスに向けて直接連絡下さい。
(info☆mozusenki.com ☆→@)





お名前 (ニックネームでもOK)(必須)

メールアドレス (必須)

FX経験

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です