長期トレンドに乗ったEURGBPで95pips!環境認識やエントリータイミングの探し方など解説 

こんにちわ。モズです。

今日はなんだか朝からミサイル飛んできたりで騒がしかったですね^^;
ドル円が一瞬ドーンと下がって怖かったです。

さて、先週から保有していたEURGBPの決済を先ほどかけたので解説していきたいと思います。

EURGBPは最近ずーっと上昇トレンドだったので割と簡単に取れたかもしれませんが、
だらだらと続くトレンドはどうやって取ればいいのか?どこで乗ればいいのか?

参考にしていただければ幸いです。

 

まず今回抜いたのはこの範囲。

1118

決済かけた直後に記事を書いています。

ただいま8月29日の18時ジャスト。

目標はまだちょっと上だったんですが、この上昇の後に一度戻されるの嫌だなーって思ってたのと、
これから夜に用事があるので見ていられないので決済をした感じです。

 

日足4時間足で環境認識

まずは長期足で環境認識です。

トレードした時の画像が残ってなかったので途中で撮影したやつで恐縮ですが、こんな感じの相場でした。

1113

ここ最近の上昇トレンドで、意識されるだろうなーって思っていたラインを上抜けて来たので、
これはもう上しか狙えないなって感じで見ていました。

もうずいぶん昔まで見てこないと、ラインを引っ張れなくなってきましたねw

 

4時間足で見た時はこんな感じ。

 

1112

オレンジ〇で囲った陽線を見た段階で、抜けた!って思って待ち構えていました。

黄色のトレンドラインか、赤の水平線への押しを待っていたわけですね。
ですが戻らずにそのまま上昇。

上昇の勢いを感じます。

エントリータイミング解説

そして僕が乗ったのはどこだったかと言えば、もうお分かりの方も多いと思いますが・・・^^;

1111

※画像は1時間足

切り下げラインを上抜けて来た陽線確定の時点で乗りました。

右肩下がりのダブルトップになるのでは??なんて考える方もいると思いますが、
前述したように、ラインを上抜けて来た時点で次の目標が決まったので上目線です。

そして何を待つべきなのかと言えば、綺麗に切り下げラインが引ける状態が来るのを待つのです。

上昇トレンドを取るときは、左に綺麗な下降トレンドが出来るのを待つ!

これが僕のトレード手法です。

ちなみに今回僕があの場所で乗った根拠の一つとして、4時間足の20MAでの反発を見ていました。
上画像は1時間足ですが、紫の移動平均線が80MA(20×4倍なので4時間足の20MA相当)です。

紫の移動平均線に支えられるような形で、切り下げラインを上抜いてきましたよね。

この場合一度リテストが入るんですが、どうせ乗る場所は同じになるのと、眠たかったので乗りましたw

本来は、切り下げラインを上抜け⇒リテストを待つ⇒陽線確定からのエントリーが良いです。

 

この場面を15分足レベルに落としてみてみましょう。

 

1時間足で切り下げライン引いていたのでズレてるのが申し訳ないですが、
15分足レベルにまで落としてみると流れがよくわかりますよね。

1115

切り下げラインを1時間足で引いていたのでズレていますが、
細かく見るならばこんな感じになります。

 

1115

1.切り下げトレンドラインを上抜く流れが発生する

2.切り下げラインへのリテストが入る

3.リテストの後に上昇の流れが出る

4.再度ネックラインへのリテストが入る

エントリータイミングの探し方としては、この4つの要素が完成するのを待つのです。

僕がよくやってるトレンドの切り返しの3波目を狙うというのも、この流れと一緒ですからね。

 

僕はこの切り下げラインを1時間足の終値で抜けた段階でポジションを持ったわけですが、
相場によってはそのまま引かれる場合があります。

なので、万全を期すのであれば最後の「上昇確定の流れからの一瞬のリテスト」で下がってきたところを狙い撃ちするのが一番いいです。

最後のリテストは、トリプルボトムのネックラインへのリテストにもなってるので、信頼感も違います。

ここまでずーっと見ていられる場合であれば、見た方がいいです。
「どうせ乗る場所は同じ」にはなるんですが、上昇の流れが出てからの方がやはり安心感は違いますからね^^;

決済判断について

目標値としては、日足レベルに広げなければ出てこない昔の高値付近でした。

 

1117

これは決済直前の4時間足の画像なのですが、この大きな陽線がちょっと気になったんですよね。

大陽線は上昇の勢いが強いから、上昇継続のサイン!なんてのをよく見ますが、
その後に小さい陽線が出て、その後ずばーんと落ちるなんてこともよくありますよね^^;

 

ボリンジャーバンドが見えるかと思いますが、これは日足の20MAをベースに入れたボリンジャーバンドの2σです。

日足レベルのボリンジャーバンド2σを大きく上抜いてくる場合、その後調整で落ちてくる場合が多いように思えます。
こうした右肩上がりの相場だとなおのこと。

じわじわ上がってる感じであればもう少し持ってもよかったんですが、一度大きく上がるとその分の調整もあるので、ここで決済しました。

記事を書いている時間で、案の定じわじわ下がってきていました^^;

このまま再度勢いよく上昇するかもしれませんが、それはそれでいいのです。

1119

まだ上昇の余地はあると思うので、1時間足や15分足で良い感じの形になれば再度エントリーかけようかなーって思ってますが、
とりあえず上がりきったところで欲を出さずに決済かけてしまうというのも心臓に優しいトレードかなって思います。

悪く言えばチキン食いですが、まぁ95pips獲れたので良しとします。

 

それでは今週もよいトレードを。

ではでは。

メルマガ購読で記事の更新をメールでお知らせしています。
プレゼントもあるので、よかったら登録してみてくださいね^^
プレゼントを受け取る

モズ流FXの全てが学べる完全オリジナル企画開催中!


僕がFXで勝てるようになった手法と戦略を伝承記として公開しています。
ライントレードを基軸としたトレードノウハウと、チャート分析法を余すことなく画像付きで解説。全6巻に渡って課題をこなしつつ、トレードスキルを磨くことが可能です。

→参加者様から頂いた感想はこちら

 

参加申請は下記のフォームから行うことが出来ます。
折り返し、僕から企画参加に関する案内をお送りします。

メールアドレスの記入ミスにご注意ください。
返信したくても出来ません。

※僕がメールを見て順番に返信を行うので、返信までに2~3日かかる場合があります。なるべく早急に返します!
もしいつまで経っても僕からの案内メールが届かなければ、僕からのメールが迷惑メールBOXに入っているか、メールアドレス記入ミスを疑ってください。

その際は、僕のメールアドレスに向けて直接連絡下さい。
(info☆mozusenki.com ☆→@)





お名前 (ニックネームでもOK)(必須)

メールアドレス (必須)

FX経験

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です