ダブルボトムの右サイドから乗るための判断材料は裏当てチャネル。ドル円70pipsトレード

どうも、モズです。

最近ドル円チャートが綺麗に動いてくれるので好きです。

トレード記事がドル円ばっかりになってきていますが、
それだけ綺麗に形が出ているということです。

ここ何日かひたすら上昇を追いかけてきましたが、もう来るところまで来たかな感はありますよね^^;

とりあえずは当初の目標まで獲ることが出来ました。

前回のトレード記事読んでくださった方なら、僕がどこを狙っていたのかはわかってますよねw

どこから乗ったのか、どういう流れを待っていたのか、参考にして頂ければと思います。

 

週初めのドル円の様子

今週はじめのドル円ですが、今までの上昇トレンドラインを下抜く流れが出来上がっていたんですよね。

黄色の斜線が直近のトレンドラインです。

 

わかりやすいように、4時間足での先週終わりの様子もついでに貼っておきます。

ダブルボトムのネックラインにリテスト付けて上昇してくるかな?って思ってみてましたが、
待てど暮らせど下落のライン(緑)を上抜くことなく、ずるずると下に降りきていたという状況です。

 

この時点でどんなシナリオが描けるかと言うと、こんな感じですよね。

こんな感じの下落目線で見ていた方もいるのではないでしょうか。

僕もここからの下落はあるかなという風にも見ていましたが、
ここで忘れてはいけないラインが登場します。

最近のトレードで何度も出てきていますが、裏当てチャネルの存在です。

裏当てチャネルというのは、通常のトレンドライン、チャネルラインのように上昇トレンドの安値同士を基準に引くのではなく、切りあがった高値同士を結んで次の安値を予想するために使っているものです。

 

ということでエントリー直後の画像しか無いんですが、
こんな感じで引いていました。

今回裏当てチャネルを作ってみると、大きなダブルボトムの安値2点にもいい感じに接していたので信頼度が高かったわけです。

この段階で1時間足はどうなっていたかと言うと・・・

先ほどの場面から直近安値付近まではしっかり下落してきたのですが、裏当てチャネルによって支えられていたんですよね。

この段階では既に、頂点からダブルボトムの真ん中の高値に向けて切り下げライン(緑)を引くことが出来ています。

これも最近ずっと解説してますが、下落のシナリオを構築するために必要な切り下げラインです。

この切り下げラインがどのタイミングで引けるのかと言うと・・・

どこが1波、2波なのかは最初の画像で書いてるので割愛しますが、2波に引いた白の上昇ラインを下抜けた段階で切り下げラインを引くことができます。

そこから画像のように、オレンジのN字波動をイメージするといった感じです。

 

なぜここからショートエントリーをしなかったのかと言えば、単純にトレンドラインを割れただけで、まだ上昇は崩れていると思わなかったからです。

4時間足です。
こんな感じで、オレンジ〇で囲った節目を下抜けてくるまでは上目線でいようと思って見ていました。

オレンジ〇の節目を下抜けるきっかけとして、先ほどの下落の流れが出来上がるかな?ってイメージで下目線シナリオを描いていたという感じなのです。

そしてこの下落のシナリオが崩れたタイミングというのが、まさに僕が今乗った所となっています。

ブレイクで飛び乗ったといった感じですね^^;

この段階でダブルボトムをイメージしています。

 

乗ってからはスムーズに上昇しました。

これが1波に相当するので良い所で切っておけばよかったんですが、
ネックラインへのリテストの場面で見ていられないかもしれないのでそのまま保有することにしました。

 

結局見ていられたんですけどねw

教科書通りの形になってきました。

 

しばらくもめた後にやっと上抜けることが出来ました。

 

 

トレンドラインを割って来て怪しい動きをしだしたので、損切ラインをレジサポの下まで持ってきました。

めんどくさいのでチャートには引いてないんですが、オレンジで描いたライン付近が意識されてるなという判断です。

 

どちらに転んでも利益が出る状態で放置します。

 

オレンジの斜線付近で揉めてたんですが、無事に上抜いてくれました。

 

直近高値までは到達ということで目標達成感はあるんですが、ここはちょっと意地になって当初の目標まで引っ張ることに・・・

土曜日の早朝にチャートを見られる予定だったので、届いていなければその時点で切るつもりで放置しました。

 

ということで・・・

 

まじで限界ギリギリまで獲ったという感じで終わることが出来ましたw

70pipsのトレードとなりました。

これだけ待っても70pipsなので流石ドル円といった感じですかね。
まぁ、まずまず良いトレードが出来たように思えます。

 

僕は普段ブレイクから乗ることはほとんどないのですが、
今回のようにしっかりと根拠が用意できるのであれば、こんな感じで1波の根っこから乗っていくのもありかもなって感じました(´ー`)

1波も3波も両方抜ければオイシイんでしょうが、欲張って良いことはないですからね^^;

教科書通りの綺麗な形が整ったら思い切って乗ってみる。

まずはこれが大事ですよね。

 

今後のドル円ですが、ひとまず目標達成な感じがします。

上を狙うにしても、先ほど利確したピンクのラインを上抜けるまでは勝負しないかなって感じで見ています。

上抜けたとしても、上から週足の20MAが押さえに来ているので慎重にといった感じでしょうか。

ウォルフターゲットライン付近まで目指すのであれば来週さらに上昇していくこともあり得ますが、現状も下降へ繋がるウォルフに見えなくも無いです。

 

どちらに転んでも良いようにしっかり準備をしておきたいですね!

では今日はこの辺で。

来週も良いトレードを!

 

PS

余談ですが、こちらの商材の期間限定特典が受け取れるのは今日までです。

————————————
▼限定特典1
『【2018年最新版】
1トレードで100万円を取るプロの裏技(動画&PDF解説)』

▼限定特典2
『【2018年最新版】億トレーダーなら必ず使う、
爆益タイムスケジュール(日本時間版)』

▼限定特典3
『【2018年最新版】億トレーダーが待機する!
反転率90%超、爆益ラインの見極め方!(解説PDF)』
————————————

これらの特典が受け取れるのは今日までですので、気になってる方はお忘れなきよう・・・

こちらのツールを使った解説についてはこちらの記事を参照ください。
解説記事一覧

メルマガ購読で記事の更新をメールでお知らせしています。
プレゼントもあるので、よかったら登録してみてくださいね^^
プレゼントを受け取る

モズ流FXの全てが学べる完全オリジナル企画開催中!


僕がFXで勝てるようになった手法と戦略を伝承記として公開しています。
ライントレードを基軸としたトレードノウハウと、チャート分析法を余すことなく画像付きで解説。全6巻に渡って課題をこなしつつ、トレードスキルを磨くことが可能です。

→参加者様から頂いた感想はこちら

 

参加申請は下記のフォームから行うことが出来ます。
折り返し、僕から企画参加に関する案内をお送りします。

メールアドレスの記入ミスにご注意ください。
返信したくても出来ません。

※僕がメールを見て順番に返信を行うので、返信までに2~3日かかる場合があります。なるべく早急に返します!
もしいつまで経っても僕からの案内メールが届かなければ、僕からのメールが迷惑メールBOXに入っているか、メールアドレス記入ミスを疑ってください。

その際は、僕のメールアドレスに向けて直接連絡下さい。
(info☆mozusenki.com ☆→@)





お名前 (ニックネームでもOK)(必須)

メールアドレス (必須)

FX経験

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です