1

FX勉強会

FXで使えるネックラインの引き方と考え方。ラス押し、ラス戻りとは何が違うの?

モズ流FXの全てが学べる完全オリジナル企画開催中!
僕がFXで勝てるようになった手法と戦略を伝承記として公開しています。
→伝承記の詳細はこちら
→参加者様から頂いた感想まとめ

FXをやっていると必ず耳にするであろうネックラインという言葉。

押し戻りポイントの候補としてもよく注目されるポイントでもあるので、このネックラインを正しく認識出来るようになるということはトレードをしていく上で欠かせません。

最近頂いた質問で、「ネックラインとラス押し・戻りラインはどう違うのですか?」というものがあったので、その辺の違いも踏まえつつ、ネックラインとは何か?について解説しておきたいと思います。

ネックラインって何?

ネックラインというのはその名前の通りの意味で捉えると、首元のラインということになりますよね。

この”首元”とは何なのか。

よく用いられる解説としては、ダブルトップやトリプルトップなどの”天井圏”でよく出現するチャートパターンの首元という意味でネックラインという言葉が使われます。

ダブルトップ三尊

チャートパターンをチャートパターンと認識付けるための節目に引けるライン。
これが俗にいうネックラインというものです。

前述したように、こうしたネックラインは押し戻りポイントとしても作用します。

三尊

このようにしてみるのがネックラインの見方と基本的な使い方です。

ダブルボトムやトリプルボトムはこれの逆です。

 

実際のチャートだとこのような形になります。

1

 

ここで注意しておかなければならない点として、ネックラインは斜めにも引けるという点です。

ダブルボトム・ダブルトップ系であれば、真ん中の節目をネックライン(水平線)として見ていけばよいのですが、トリプルトップ(以後3尊と記述)や逆3尊系の形だと節目が2つ以上生まれるため、斜めにネックラインが引けることが多いです。

例えばこんな場面。

1

右肩上がりのダブルボトムという見方も出来るかと思いますが、左の山も一緒に見てあげることで更に視野を広げることが出来るようになります。

右肩上がりのダブルボトムでネックラインを上抜けして上昇トレンドが完成するも、その手前の戻り高値で止められて再下落。

そこからどこまで落ちてくるのかを予想した時に、こうした逆3尊のネックラインを引いてあげておくと形がよく見えてきます。
今回の場面は週マタギになっているので乗れるような所ではないかもしれませんが・・・w

 

もちろん、水平線としてネックラインが機能する場面もあります。

1

ネックラインは目立つヒゲ先であったり、よく止まっている所を狙って水平線を引いてみるといいでしょう。

では本題の、ラス押し・戻りラインとの使い分けについてです。

 

そもそもラス押し・戻りとは何なのか?

ラス押し、ラス戻りとはその名の通り、トレンド最後の押し目、戻り目のことを言います。

ラス戻り

下落トレンドが続いていて、底値圏でダブルボトムなどのチャートパターンを形成し、上方向へのトレンド転換が起こった時。
今までの下落トレンドの最後の戻り高値がラス戻りとなるわけですね。

ここで注意しなければならないのは、どの段階でラス押し・戻りを判断するのか?という点です。

ラス戻り

上画像の黒〇の部分において、直近では上昇トレンドにはなっているのですが、この段階ではまだラス戻りが何処かはわかりません。

ラス戻り

こんな感じで、右肩上がりのダブルボトムだ!って思って構えていたら、それはただの中段保ちあいであって、元のトレンドに戻るかもしれませんからね。

ラス戻り

しっかりと今までの下落トレンドの節目となる戻り高値を上抜けて来た段階。

この時点ではじめて、ここがラス戻りになるんだなという判断がつくわけです。

 

1

しっかりと今までの流れを切り崩し、そして同時に新しいトレンドも発生しているような場面。

この時のラス押し・戻りラインへのリテストというのはかなり信頼度が高いです。

上の画像、よく見ると3尊のような形にも見えますよね??

1

ということは、画像で引いた黄色い水平線は3尊のネックラインでもあり、ラス押しのラインでもあるわけですね。

 

つまり、ネックラインとラス押し・戻りラインというのは往々にして同じ意味を持つ場合があるということなのです。

そしてネックラインは斜めにも引けるという性質から見ると、ネックラインとして見る斜線と、ラス押し・戻りとしてみる水平線の2つを使い分けることで、更に見えるポイントが広がるということでもあるのです。

 

 

1

こうした場面では、ラス戻りラインとダブルボトムのネックラインが同じになります。

 

昔あきチャン先生が動画でやってたと思いますが、下画像のような感じでダブルボトムの中のダブルボトムを斜線のネックラインによって見つけてきて、その小さなリテストから拾うという芸当も可能です。

1

画像は4時間足なのでヒゲになってますが、15分足レベルに落としてみるとリテストが入っているのがわかります。

 

 

1

当然、ネックラインとラス押し・戻りラインを分けてみておく場面も存在します。

気になる節目は2重でラインを引いて、ゾーンとして捉えると見やすくなります。

 

まとめ

ということで、ネックラインの考え方とラス押し・戻りラインについて簡単に解説をしてみました。

ネックラインとラス押し・戻りラインの違いとしては、ネックラインは斜線としても引けるが、ラス押し・戻りラインは水平線で引くという点です。

そしてこの2つは同じ場所に存在する場面もあるし、別々に見られる場面もあるということです。

要所要所の使い分けで、ライントレードに役立ててもらえればと思います^^

ではでは。

 

メルマガ購読で記事の更新をメールでお知らせしています。
プレゼントもあるので、よかったら登録してみてくださいね^^
詳細はこちら

モズ流FXの全てが学べる完全オリジナル企画開催中!
僕がFXで勝てるようになった手法と戦略を伝承記として公開しています。
→伝承記の詳細はこちら
→参加者様から頂いた感想まとめ

応援クリックお願い致します!


7d987dace4f96bba134cfafa42b1a801

ピックアップ記事

  1. バイナリーオプションが初心者におすすめって嘘だよ。勝てない仕組みと本質について
  2. 【スキャルピングロジック無料配布】メルマガ始めました。
  3. 【FX伝承記】卒業生の声 FXの学習方法と実践への活かし方
  4. FXの裁量トレードを極める上で参考になるサイトまとめ
  5. 商材ジャンル別評価一覧~おすすめ情報商材まとめ~

関連記事

  1. 1

    FX勉強会

    FXで乗った瞬間大きく伸びる所を見極めるコツは?あきチャン先生風”本気上げポジション&#…

    FXをやっていると、自分が乗った瞬間に含み益に転じる可能性があって、損…

  2. 1

    FX勉強会

    【FX戦記】移動平均線の数値セッティングとグランビルの法則の応用?

    僕は最近はあきちゃん先生に習って、表示させるテクニカルは移動平均線だけ…

  3. 1

    FX勉強会

    フィボナッチの逆(裏)あてで3波を狙って週末43pipsゲット。!61.8から161.8まで進むって…

    先週はちょっとフィボナッチを使ったトレードをしていたので紹介したいと思…

  4. 20170707164622

    FX勉強会

    【保存版】フィボナッチの数値設定 あきチャン先生仕様とハーモニックパターンで使う数値について

    私事なんですが、新しくパソコンを買い替えたのでMT4も新しくインストー…

  5. 116

    FX勉強会

    こんな所で負けてませんか?よくある切り上げ・切り下げライン抜けからのエントリー判断について

    エントリーする際に、短期足に切り替えて切り上げ・切り下げラインを引いて…

  6. 3波に乗る方法

    FX勉強会

    FXで大きく稼げる3波に乗る方法。エントリー予測のタイミングと判断材料について

    どうも、モズです。12月ということもあって相場もあまり勢いがあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トレンドスキャルピングFX宣伝用
7d987dace4f96bba134cfafa42b1a801

最近の記事

  1. 111
  2. 3波に乗る方法
  3. 1
  4. 1
  5. エントリーポイント解説

フォロー宜しくお願いします。

  1. おすすめサイト

    FX戦記

    FXの裁量トレードを極める上で参考になるサイトまとめ
  2. FX戦記

    FX戦記

    【スキャルピングロジック無料配布】メルマガ始めました。
  3. 3

    FX勉強会

    FXは何処から何処まで進むかがわかっていれば簡単!?至極のライントレード実践
  4. FX伝承記

    FX戦記

    【FX伝承記】卒業生の声 FXの学習方法と実践への活かし方
  5. FX攻略記事まとめ

    FX戦記

    FX攻略過去記事総まとめ
PAGE TOP