EURUSDのウォルフ波動に乗って短期逆張り62pips。長期の流れに乗る?

こんにちわ。モズです。

前回のEURUSDの記事はご覧になりましたか?

[clink url=”http://mozusenki.com/1050.html”]

この時に安値を結んだラインを引いているのですが、読者さんから「これってウォルフでは無いんですか?」とか、「新しくウォルフかもしれませんね」っていうメールを頂いたりで、流石ですねって感じでやり取りをしていました^^;

その時に、「一応下目線ですけど、2-4のライン抜けてくるようなら危ういですね」という返答をしておきましたが、上手に取れましたでしょうか。

そんなわけで、EURUSDの前回からの続きです。

 

1

出先のノートパソコンからなのでラインの色が違いますが、こんな感じで2-4のラインを抜けて押しを付ける段階に注目をしていました。

そして午前10時。

4時間足が一つ確定して、陽線が確定しました。

この時にはまだ20SMA(緑の破線)の方を抜けていなかったので、「どうなんだろ?」って感じだったのですが・・・

9

20SMAも抜いてくる勢いが出たのですかさずエントリー。

現状の流れはまだまだ下目線で、エントリー根拠はウォルフのみ・・・な感じだったので、可能な限り監視をしていきたいという感じ。

 

そして帰宅。11:30です。

家のパソコンのMT4から。

1

一気に伸びてきている感じですね。

一応1-4のラインを2つ引いています。

仮想チャネルの上限も控えているので、今後どうなるかな?って感じですね。

1111

夕方ごろ。

前回高値ラインで押さえられている感じです。

ちょっとこれからチャートを見ていられないので、ウォルフを信じで次の高値付近まで狙っていきたいという感じで指値を設定して放置します。

1112

翌朝8時。

無事に決済されていました。

62pipsのトレードとなりました。

 

とりあえずウォルフターゲットまで到達しそうな勢いはありますね・・・

一応4時間足のラス戻りは抜けてきていますが、まだ何とも言えない感じ。

しっかりとウォルフターゲットまで捉えてくれば、上方向も見えてくるかなって所ですね。

1

長期の流れは上目線なので、その流れの買いの勢いが出てくるかなって感じです。

前の記事でちょろっと書きましたが、日足は3尊のような形になっています。

そのリテストから再下落という流れもあるので、注意は必要です。

 

ではでは、今週も良いトレードを。

 

 

 

メルマガ購読で記事の更新をメールでお知らせしています。
プレゼントもあるので、よかったら登録してみてくださいね^^
プレゼントを受け取る

モズ流FXの全てが学べる完全オリジナル企画開催中!


僕がFXで勝てるようになった手法と戦略を伝承記として公開しています。
ライントレードを基軸としたトレードノウハウと、チャート分析法を余すことなく画像付きで解説。全6巻に渡って課題をこなしつつ、トレードスキルを磨くことが可能です。

→参加者様から頂いた感想はこちら

 

参加申請は下記のフォームから行うことが出来ます。
折り返し、僕から企画参加に関する案内をお送りします。

メールアドレスの記入ミスにご注意ください。
返信したくても出来ません。

※僕がメールを見て順番に返信を行うので、返信までに2~3日かかる場合があります。なるべく早急に返します!
もしいつまで経っても僕からの案内メールが届かなければ、僕からのメールが迷惑メールBOXに入っているか、メールアドレス記入ミスを疑ってください。

その際は、僕のメールアドレスに向けて直接連絡下さい。
(info☆mozusenki.com ☆→@)





お名前 (ニックネームでもOK)(必須)

メールアドレス (必須)

FX経験

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です